2010年02月20日

<鳩山首相>米「アショカ財団」創設者と意見交換(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は18日、米国の非営利組織「アショカ財団」創設者のビル・ドレイトン氏を首相官邸に招き意見交換した。教育・医療などを企業や地域住民で支える概念「新しい公共」の実現を図るための「円卓会議」活動の一環。

 同財団は、優秀な米国の大学生が貧困地域の公立学校の教師を務める取り組みなどを支援している。

 首相は「一人一人ができる最大の社会貢献は、変革者になれると信じる人を増やすこと」とのドレイトン氏の言葉を引用し、「まさにその通りだ。日本もようやくその時が来た」などと話していた。【朝日弘行】

【関連ニュース】
鳩山首相:「政治とカネ」で小沢幹事長に電話
普天間移設:名護市長が首相に「海にも陸にも造らせない」
鳩山首相:共産党の志位委員長と会談
党首討論:「与野党機関設置に賛成」政治とカネ巡り首相
鳩山首相:夫婦別姓制度「基本的には賛成」

小沢氏、米国に注文「訪米するならそれなりの…」(産経新聞)
電源コード ぐるぐる巻き危険! 内部で断線、突然発火も(産経新聞)
拉致問題担当相、脱北者受け入れを緩和(産経新聞)
<高木美帆選手>姉の菜那選手が世界ジュニア代表に(毎日新聞)
<子ども手当>群馬県内20町村 予算に負担分を盛り込まず(毎日新聞)
posted by ヌマクラ マナブ at 18:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。